■書籍紹介

寿命図鑑

寿命図鑑 生き物から宇宙まで万物の寿命をあつめた図鑑

 

発売日:  2016年07月22日頃

著者/編集:  いろは出版株式会社, やまぐちかおり

出版社:  いろは出版

発行形態:  単行本

ページ数:  111p

ISBNコード:  9784866070100

価格(税込):¥2,916

 

 

ゆるやかなイラストとともに、寿命のほか、それにまつわるエピソードがそれぞれにあり、楽しい図鑑です。

人間だけでなく、動物はもとより、植物、食べ物、機械、天体と幅広く、紹介しています。

力士のまわしは、一年。どれだけ汚れても洗わないとか。すりきれない限り、一年ぐらいは同じものを使うそうです。ちなみに、長さは力士の腰まわりの四~五倍の長さが必要で、約五~九メートルあります。

クリオネの寿命は、約ニ・五年。クリオネの食事は、半年~一年に一回で十分だそう。厳しい環境がそうなるのでしょうか。

海のカキの性別は、普段はオスでもメスでもない。栄養をたっぷりとったカキはメスになりやすい。「今年はほっそり男子だったけど、今年はぽっちゃり女子なの私」ということがあるカキの世界。

本の寿命には、紙の寿命が深く関係します。洋紙は約百年。和紙は約千年。和紙に記述したおかげで、古文書などの分析がすすむのね。と妙にひとり納得。

空と宇宙の壮大な天体に移ると、数分の寿命筆頭は、虹。次はマジックアワー。日の出前と日没後の数十分。晴れていれば毎日見られます。どちらも見ているかたもいらっしゃることでしょう。天体のトップ?は、ブラックホール。十の六十五乗年以上。いったいどれほどの桁数になるのでしょうか。最後は爆発して消えるといわれているけれど、その様子はまだ誰もみたことがありません。

文責:もも